薄毛の症状や原因は様々なタイプがあります。生活習慣にも注意が必要です。治療方法はHARG療法や植毛などもあります。

ミノキシジル通販

発毛剤・育毛剤

購入方法

ミノキシジル

フィナステリド

ザガーロ

薄毛の症状・原因

体験談・口コミ

薄毛の症状・原因・治療方法

薄毛の症状

薄毛の症状

人の髪の毛は1日におよそ50本程抜けると言われ、1本の寿命は10年と考えられていて、抜ける生えるを繰り返しています。通常のヘアサイクルであれば抜けた毛根からは新たな健康な髪が成長をはじめますが、この周期に変調が起こり乱れてしまう事により成長する事を抑制してしまいます。例え再び生えたとしてもその寿命は1年未満となり、細く短い段階で成長を止めてしまいます。また栄養を補給する事もやめてしまうので、周囲も髪も成長する事が出来なくなってしまいます。

この周期が乱れる事によって起こるのが薄毛です。脱毛症の症状が現れ、頭頂部や前頭部の毛髪を薄くし後退させてしまい、頭皮が見える面積を大きくしてしまいます。男性であればM型やO型といった型が多くなります。

現在、日本では1000万人近くの男性の方に起こっているとされ、そのうち何かしらケアをされている方は650万人、何もしていない方が350万人いるとされています。適切な方法での薄毛治療をしなければ、歳とともにより髪が失われ、改善を望む事は困難な状況に陥ってしまいます。早めに改善する事が大切になります。

薄毛の原因

薄毛の原因

一昔前までは家系の遺伝や精神的にストレスを感じすぎると髪が薄くなると言われていましたが、現在では研究が進み、遺伝やストレスだけではなく男性ホルモンの影響が大きいと考えられています。男性ホルモンは女性ももっており、数は少ないものの閉経後にホルモンバランスに変化がおこり、AGAの症状が見られる方も増えています。

男性ホルモン

男性の必須ホルモンとしてあるものが、5a還元酵素というものにより髪の毛に重大な損失を与えてしまうホルモンへと変換させています。このホルモンの事をDHT(ジヒドロテストステロン)といい、これにより髪の毛が成長しにくくそして抜けやすくなってしまうのです。しかし現代は進歩しております。一昔前までは困難とされていたのですが、5a還元酵素を阻害してくれる作用の治療薬が開発されたことにより、発毛や育毛も夢ではないのです。

遺伝

遺伝が原因である場合も勿論考えられます。ドイツの大学が行った研究が、40歳までに薄毛になった人とならなかった人の血液を比較しました。すると、薄毛になった人のX染色体の受容体、遺伝子には変異がある事がわかりました。X染色体はアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンですが、このX染色体は母親からしか受け継ぎません。その為、母親や母方の祖父が薄毛の場合、遺伝によって薄毛になってしまう可能性があります。

頭皮のダメージ

頭皮のダメージ

髪が成長する上で、当然ながら頭皮の状態は大変重要になります。ダメージが蓄積されていくと健康な髪の毛が生えてこなくなってしまいます。主な原因は爪を立てて掻いたりシャンプーをする、長時間のドライヤー、カラーリング、パーマ、紫外線などがあたります。これらの事はなるべく避け、頭皮にダメージを与えないように気をつけましょう。

生活習慣

生活習慣も髪の毛に大きく影響します。睡眠不足や質の低い睡眠は薄毛の原因になりやすいです。成長ホルモンは眠っている間に分泌されます。成長ホルモンによって髪は伸びますが、成長ホルモンが分泌されないと髪の成長も妨げられてしまいます。食事のバランスも大切です。現代はどうしても脂質、糖質、炭水化物などが多くなってしまい勝ちですが、ビタミン、ミネラルなどもしっかりと摂取し、バランスの良い食生活を心がける事が大切になります。

また、タバコも薄毛の大きな原因となります。ニコチンは血液の循環を悪化させ、毛細血管に栄養が行き届かなくなってしまいます。さらに、アンドロゲンを持ってる方は、喫煙によってさらに薄毛が進行してしまいます。髪の事を考えるなら、すぐにでもタバコはやめるべきです。

ストレスも薄毛の原因になります。ストレスがかかると血管が収縮され、血行障害が起こってしまいます。すると頭皮に栄養が行き届かなくなってしまう為、髪が成長できなくなり、薄毛になってうしまいます。さらにストレスがたまると睡眠不足になったり、暴飲暴食に走ったりしてしまう危険があり、薄毛が進行してしまう可能性があります。

薄毛の治療方法

薄毛の治療方法

薄毛には以上のように、様々な原因があります。ですが、髪によくないとわかっていても、生活習慣などは簡単には改善出来ないものです。そこで、現在は以下のような改善方法があります。

発毛剤・育毛剤

発毛剤・育毛剤には、ヘアサイクルに変調をきたしている物質の働きを阻害、あるいは毛髪全体に栄養を与える方法の二つがあり、有効とされているものに経口服用薬と外用薬のそれぞれ成分が異なる製品があります。一つは、経口服用する事で体の内側から治療できるプロペシアです。フィナステリド成分が頭皮内で生え変わりの周期に混乱を与えているDHTが生成されてしまう事を防ぐために、生成してしまう酵素である5a還元酵素の働きを阻害する事で薄毛の原因となる根本から治療できます。さらに頭髪あるいは頭皮の環境を整える効果があります。

もう一つが、ミノキシジル成分を配合する育毛剤で、原因物質に作用する事はありませんが、成長を休止している毛髪が再び成長出来る為に頭皮の下にある毛細血管などの血管を拡張し活性化させる事により、酸素や必要な養分を髪に血液を通して与える事ができます。プロペシアもミノキシジル育毛剤も発毛と育毛作用があるので二つの同時使用で作用を高めあう事も出来るので併用する事で早期改善を目指せるはずです。

発毛剤・育毛剤

さらに、最も新しい育毛剤はザガーロです。これはプロペシアよりも効果があると期待されていて、プロペシアは薄毛の原因の5α還元酵素のⅡ型しか抑制効果がありませんが、ザガーロは両方に効果があります。プロペシアで効果がなかった方にはザガーロがお勧めです。

これらは医薬品なので、本来は病院の処方が必要になりますが、現在は通販で簡単に購入する事ができます。薄毛の治療で病院に行くのは恥ずかしいという方もいらっしゃるかもしれませんが、通販を利用すれば誰にも会わずに簡単に購入する事ができます。通販なら値段も安く購入する事ができ、ジェネリックも豊富です。プロペシアのジェネリックのフィンペシアロゲインのジェネリックのツゲイン、ザガーロのジェネリックのデュタボルブなどが販売されていて、4分の1から3分の1程度の価格で購入する事ができます。病院に行く手間も必要ありません。簡単に秘密で薄毛を治療したい方は通販を利用しましょう。

HARG(ハーグ)療法

HARG(ハーグ)療法

HARG(ハーグ)療法は再生医療を応用した毛髪再生治療で、現在のところ最先端の薄毛治療と言われています。頭皮に直接有効成分を注入し、毛髪の成長を促し、発毛力を回復させる効果があります。女性でも治療を受ける事ができ、副作用も殆どないと言われています。ただし、頭皮に直接注入するので痛みがあり、人によっては激痛になるとされています。最近はノンニードルを使っての治療法もあり、こちらは痛みはほとんどないと言われていますが、効果は注射よりは劣ると言われています。

何回受けるかは個人差によります。基本は月に1回の治療を半年繰り返します。これだけで費用は60万円前後になるとされていますが、効果がなければさらに継続する必要があります。90%の方に効果があったというデータもありますが、実績はまだまだ少ないため、判断が難しいところです。

植毛

植毛は、最近は自分の毛を植え付ける方法が主流です。生えている部分の毛包ごと採取して、薄くなった場所に植え付けます。自分の毛ですので人口植毛などのように拒絶反応がありません。定着すればほぼ半永久的に生え続けます。ただし、手術の傷跡が目立ってしまう可能性もあります。また、医師の技術が大きく関係しますが、仕上がりが不自然になってしまう場合もあり、カツラのような見た目になってしまう場合もあります。術後に痛みがある場合もあり、外科手術なので時間もかかります。

さらに、最も大きなデメリットは費用です。保険が適用されないので費用は病院によってマチマチになります。どれくらいの範囲の植毛かにもよりますが、安くても数十万円、広範囲であれば100万~300万円となる場合もあります。