メディシン

進行を止めるプロペシア

男性 AGA治療を行うに当たり、医師がまず第一選択として推奨するのが発毛を促進あるいは症状の遅滞の効用を期待する事の出来るプロペシアであり、この他に併用する事で双方の作用を高め合う事が出来るとされる成分ミノキシジルを併用する事で育毛の作用を期待出来るので頭皮に良い意味で与える影響は大きいと考えられ、毛髪が薄くなった状態を改善する有効な薬剤として考えられています。
まずプロペシアとは、成人以上の男性の方のみに有効性や安全性が確認されている経口内服薬となり薄い桃色が特徴の円形の錠剤になり、0.2mgと1.0mgの二種の規格で処方が行われており、また個人での入手は出来ないとされAGA治療を検討しているのであれば専門医に受診する必要があり、ここで一つ留意しなければなれないのが錠剤の価格の基準が未収載の薬剤になるので自費での自由診療となります。
一度に高額な費用はかからないものの最低でも年間を通した投与期間が必要となる為、定期的に費用を要する治療になり、保険の適応が無いので一年間で考えてみるとかなりの負担額を必要としてしまいます。
本剤成分はフィナステリドになり、これは前立腺の疾患を治療する為に米国で開発された成分になりますが、臨床試験により被験者から副作用として多毛症が見つかり研究を重ねた所、二次的な効用として発毛がある事が分かり、今では薄毛を改善する為の薬として転用され用いられる様になりました。
主な作用として原因となる男性ホルモンDHTを産生するI型5-αリダクターゼ酵素を阻害する働きがあり、原因とされる物質は毛乳頭細胞内にあるトランスポーターに結合する事で毛髪を成長を休止期にあるいは退行期へと変わるシグナルを発する様になるので、フィナステリドは産生を阻害する事で毛髪の成長を促進させる事が出来る様になります。
また最初に記述したミノキシジル製剤は外用薬として頭皮に塗布する育毛剤と内服投与する内服薬の二種類があり、どちらも頭皮内の成長因子や血管を拡張し活性化させる事で毛髪への栄養を補給炉力を高め、軟毛から硬毛へと変化をもたらしてくれます。
AGA治療を始めるにあたり、まず薄毛の進行を止めるプロペシアを使用しその後、毛髪を増やす為にミノキシジルを始めることをオススメします。

薄毛治療に有効なミノキシジル:プロペシア通販ガイド